何でもない種が久しぶりで嬉しかった・・・・・ウミウシならウミウシハンターズへ

コトヒメウミウシなんて冬になればいっぱいでて、
夏まで、いや、秋でもいるよな・・・・・

なんて考えると通年いるわけですが、

昨日城ケ島へいぶ根で1個だけ見まして、

「うぉ、ちょっと待てよ、超久しぶりじゃないのか??」
と思ったりしました。


サイズは3-4mmですね。
通常よりやや小ぶりです。



PB170058.jpg

ヒドロに乗っかってますが、カイメン食の筈なのでたまたまです。
^^;

シーズン的には秋になると減る種ではありますが、
それでも毎年見ないということはなく、出会える数が減る秋のシーズンにおいて
カウントを稼げる便利な種だったりするんですよね。

(笑)

しかしながらしばらく見なかったというのは、やはりあの台風のせい??
なんでしょうかね??

それとも別の理由??

この種はどこでもいるので、よその話も聞かないと分かりませんが、
関東と東北を襲った15号と19号の被害たるや半端じゃないので、
やはり根こそぎやられたんだろうなぁーーと思うんです。




DIVING SHOPウミウシハンターズ










ミドリアマモという草食動物・・・・・ウミウシならウミウシハンターズへ

最近の岩骨にミドリアマモウミウシが増殖しています。
(笑)

いえ、以前からミドリアマモは多いのですが、
10月の2つの大きな台風とシーズン的な要因もあって、

ここんトコ全く見ていませんでした。


ところが最近になってよく見るようになっています。
これはテントウ然り。。。

飛ばされたか荒らされたかでいなくなるケースが多く、
ここしばらくもそのケースでした。


海藻が元気なかったってことなんですよねー


しかしこうした緑藻類食のウミウシが増えること、
すなわち緑藻が元気、そしてそれを畑にヒドロ虫が着生し、
それをエサとするミノウミウシ類が着く・・・・・

そう結びつけて見ることが出来ます。



PB160078.jpg

小さいですね。
2-3mmです。

他にも、テントウ、ヒラミルミドリガイ、クロミドリガイ、
このあたりが増えると明るい兆しです。



明日は回るルートを変更しよう。



DIVING SHOPウミウシハンターズ










フサコケムシの復活・・・・・ウミウシならウミウシハンターズへ

城ケ島岩骨の壁のフサコケムシが徐々に復活しているのは最近述べました。

まだ最盛期の半分にも満たないですが、明らかに台風19号直後とは違います。

これは純粋に嬉しいことではありますが、
着くべきモノはまだ着いていないので、

そういう意味ではもう少し時間が必要なようです。


ここではコミドリリュウグウが200-300個体着くのが通常ですが、
本日見た限りでは5-6個しか見ませんでした。

リュウグウ祭りはもう少し先ですね。

^^;



PB150094.jpg

本日はリュウグウの確認という名目で、

クロスジリュウグウSP
トサカリュウグウ
オオクチリュウグウ
ミドリリュウグウ


これらのチビを見つける意気込みで壁を見ていました。

その結果、ミドリリュウグウの激チビを見つけました。

今日はかなりうねっていたのですが、もう少し穏やかであれば
他の個体も見つけられたかもしれません。



明日も探し物に徹するつもりでーーす!!!




DIVING SHOPウミウシハンターズ










なんとまぁー、アオモウミウシ・・・・・ウミウシならウミウシハンターズへ

城ケ島岩骨の環境が回復傾向にあるのは書きました。

ミルなどの緑藻類にヒドロが多く着生しているのを確認しています。


今日はヒラミルそのものをエサにする
アオモウミウシ
を発見!!

これをこの時期に見かけるとは思ってもみなかったです。



PB120125.jpg

2個体ともこちらを向いてくれました。
(笑)

アオモは基本的に小さいです。

テントウウミウシに似ていますが体色と顔の色が異なります。


目が何とも言えず愛くるしいですね!!

春から夏にかけて見られるウミウシと思っていましたが、
11月に出るとは驚きました。


そして何より、今日もテントウを見かけましたので、いつもの岩骨に戻りつつあります。

それが一番嬉しい

^o^




DIVING SHOPウミウシハンターズ










記録として残すため・・・・・ウミウシならウミウシハンターズへ

城ケ島岩骨の壁にいるオオクチリュウグウの幼体。

発見当初は線もほとんどなく、
コミドリリュウグウとの見分けがつかない個体でしたが、
よく見ると薄っすらボンヤリと外套膜周縁に輪郭線が見てとれて、

「あ、もしかして」と思っていたら、やはりオオクチリュウグウでした。

旧オセザキリュウグウ


PB100121.jpg

このブログにおいて3回連続で掲載させて頂きました。

とある個体の定点観測は大変貴重です。

どのように幼体が変化していくかというのは、
明瞭な写真があれば良い資料となります。



今日は確認に行くことが出来ませんでした。

まだいるかな・・・・・いてくれることを願います。

エアーで飛ばされたかもね (涙)

その下にボブがいたから




DIVING SHOPウミウシハンターズ










神奈川県三浦半島の城ケ島・宮川湾でウミウシ探しを専門とするダイビングショップです

umiushihunters

Author:umiushihunters
神奈川県の三浦半島先端にあります城ケ島と宮川湾にて日々ウミウシ探しに邁進するダイビングショップのブログです。

こちらに注目!!
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR