ネンプロータ・リビングストイという南方種・・・・・ウミウシならウミウシハンターズへ

壁の季節がやってきました。

岩骨の高の壁

フサコケムシがここ数日で大変よく育っています。
ホンの1週間前ではまだまだだったんですがね。

なんだかフサコケムシの繁殖と成長の際、分岐点を見たような気がします。
今年は10月後半ということで。


と、そんな中早速大物が出ました!!


ネンプロータ・リビングストイ
和名だとトウモンリュウグウです。

1-2年ほど前に和名が付きました。



PA280304.jpg

後からのショットですが、これでもちゃんと触角間の白い紋様が見えます。

このような5ミリサイズの幼体時でも紋様があるんですね。

それもハッキリと。

その点がトウモンリュウグウたる所以だと思います。



余談ですが、ネンプロータ属はホヤを食べます。
なのに幼体時はこうしてコケムシに着きます。

何故でしょうね・・・・・

推測ですが、コケムシ食であるタンブヤ属から種として派生、または分裂しつつある属がネンプロータではないかと、
したがって、まだ幼少時にはタンブヤ属の習性が残りコケムシを食べ成長し、
成体になるにつれ生態が少しずつ変化する・・・・・

と、座間味の小野先生とボクで見解が一致しているところです。




DIVING SHOPウミウシハンターズ










神奈川県三浦半島の城ケ島と宮川湾でウミウシ探しを専門とするダイビングショップです

umiushihunters

Author:umiushihunters
神奈川県の三浦半島先端にあります城ケ島と宮川湾にて日々ウミウシ探しに邁進するダイビングショップのブログです。

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
こちらに注目!!
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR