もうワケわかりません・・・・・ウミウシならウミウシハンターズへ

擬態上手な動物といえば、代表的なのがカメレオン。
周囲の色合いに自分を合わせて雲隠れしますね。


ウミウシにもそういった要素を持つものがいくつもおります。
カメレオンとの違いは、ウミウシの場合、長い年月の進化が自分をホストに似せていったという点。

いつも食べる好きなホストがあり、その質感や色合いと自分を似せるように少しずつ進化していったのだと推測されます。



PB220198.jpg

これもシロサメハダで良いと思うのですが、同時に疑問も湧いてきます。

ワタトリカイメンに着く個体は質感や色合いがザラカイメンに着くそれと違うからです。

カメレオンのように、その時その時で周囲と自分を好きなように同調させることが出来るならともかく、
ウミウシにそのような芸当というか、体表面の組織が自由自在に色変化するなどないわけで、

この個体はここ、あの個体はあそこ、というように最初から決まっているからですね。

恣意的というか、都合良くなんて出来ません。


と考えると、ザラカイメンに着く種とワタトリカイメンに着く種とでは、同一性に疑問が生じる・・・・・



というボクの疑問。

的を得ている気がしています。




DIVING SHOPウミウシハンターズ










神奈川県三浦半島の城ケ島と宮川湾でウミウシ探しを専門とするダイビングショップです

umiushihunters

Author:umiushihunters
神奈川県の三浦半島先端にあります城ケ島と宮川湾にて日々ウミウシ探しに邁進するダイビングショップのブログです。

カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
こちらに注目!!
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR