なんだこれは・・・・・ウミウシならウミウシハンターズへ

え???

もしかして城ヶ島初の!!!

ピカ???

と、心躍らせ興奮躍動歓喜万歳の一歩手前まで行ったんだぞっ!!!

ToT



と前もって書いておきます。
(笑)


これです。



P4200128.jpg

サイズは2mmほどでして、水中で肉眼で確認するのは困難なのでカメラのスクリーンで見ればいいのですが、興奮が先にくるとそういうのを忘れる人間の習性。

(笑)

これをピカチュウかも知れん!!
などと錯覚し10枚以上撮りましたが、全然違いました。
^^;




P4200141.jpg

この子の背側突起でした・・・・・
(笑)

すぐそばにこれがいて、おそらくキレイにまとまって脱落して、しかも綺麗にシロガヤに引っ掛かっているという・・・・・

そして脱落後だが、尚も各背側突起が忌避物質を放出しているという。。。
白いモヤモヤがそうですが、これがピカの突起先端の白い部分に見えて・・・・・

(笑)



勘違いさせやがって

なんなんだ、こりゃ
^o^;


という勘違いと誤解の話でした。
(笑)






DIVING SHOPウミウシハンターズ










イロミノウミウシ・・・・・ウミウシならウミウシハンターズへ

ある方からイロミノウミウシの写真があれば欲しいとのことで探していたら、結局ラバー撮りのモノが最も写りがいいんですよね。

余分な光を吸収してくれるから、被写体の特徴がクッキリと出ます。

これは間違いない。

で、学者も研究室での撮影ではよく使います。

この写真がその方や編集側の希望するモノであるかは不明ですが
^^;




このイロミノウミウシは面白い

前隅足が口幕のようです。


PA080165a.jpg

ムササビか!!
ってくらい前隅足が幅広く幕のようです。

^^

個体差があるからこの個体だけかも知れませんが、通常は欠損や異常でない限り器官や四肢はその種を同定する特徴なので個体差はありません。

なのでイロミノはこんな感じなんでしょうね。

いつも通りの岩の裏を下地にしていたら気が付かない特徴でした。

ですので、ボクはラバー撮りは結構行います。

水中にもいつも持って入っています。



そういえば、ボクには当たり前なので何とも思わないのですが、潜るときのBCDに色々な道具がぶら下がっているのを見た方がよく質問なさいます。

ウシラーのお客様にはお馴染みなのですが、他のチーム、つまりウミウシとは関係のないダイバーさんには理解不能みたいです。
(笑)








前部漢字一文字だった。

^o^





DIVING SHOPウミウシハンターズ










擬態っていうのかは知りません・・・・・ウミウシならウミウシハンターズへ

これは擬態しているのでしょうか
とよく聞かれるんですが、正直言ってそれはわかりません。

パっと見て周囲に同化している体をしていれば、それがイコール擬態かという話ですね。


シロサメハダとザラカイメン
ヒララメリとシロウスコケムシ
アカオニミノとハナヤギ

うーーーん、これらは確かに同化してるように見えるんですよね。
つまりホストに擬態している・・・・・

そう考えることに合理性があるのは確かです。

長い年月をかけ、エサとなる物質や生息環境に自らを寄せて進化することは、自然界ではよくあることです。


なので否定はしませんが、不確かなことなので肯定もしません。



P4140146.jpg

これはサガミコネコなのか、種まで落とせなければネコジタの仲間にしておくべきなのか。

不明なので後者にしました。
^^;


被覆する海綿についています。
エサがカイメンです。

まだとても極小なサイズなので、現段階で擬態かどうかなんて推理は出来ません。

小さいウチは色味がのらない種は多いからです。





探せば探すほど色々います。

ハッキリ言って時間が足りません。

プロと一緒にウミウシ探しをしましょう。
^-^





DIVING SHOPウミウシハンターズ










更新遅れ・・・・・ウミウシならウミウシハンターズへ

週末が繁忙過ぎるので、更新が出来ない場合が多いです。

海仕事だけなら全然余裕なんですが、ボクには他にも経営するモノがいくつかあるので、特に週末は大変です。
^^;

なるべく更新したいのですが、ジジイは夜遅くなると眠くて・・・・・
(笑)

疲れもありますがね。




とてもとても久しぶりにオオシイノミガイに会いました。

最後は何年前に見たか、たぶん5-6年前だと思いますが、その時は偶然砂上を歩いていたのを目撃しただけでした。

今回は砂中から拝借
(笑)




P4140469.jpg

よく見るコシイノミと系統は似ていますが、大きさが全然違います。

コシイノミが殻長で3-4mmなら、オオシイノミは10mm以上あります。

最新の分子系統樹だと根元の幹から枝分かれしたすぐだったように思います。
(記憶不鮮明)

サーシャさんに聞かないといけませんね。
^^;


そこからお馴染みのウミウシたちへと続いたんだっけな・・・・・

ヒトエガイやフシエラガイが違う枝に分かれて。


はい、曖昧です。
(笑)



とにかく久しぶりで嬉しい出会いでした。

で、相変わらずお客様ウケはしません。
(爆笑)

こういうのを好むウシラーさんは、「きゃー、カワイイ」からは離れている根の太いウシラーさんです。

圧倒的少数
^o^;


ボク???

それは推して知るべし
(笑)




DIVING SHOPウミウシハンターズ










久しぶりの草原・・・・・ウミウシならウミウシハンターズへ

砂地をちょい久しぶりに散策

今日は1ボ1ビでしたが、ビーチエントリーの時間帯がド干潮だったので、砂地ネチネチに変更しました。

城ヶ島ビーチの砂地の定番といえばオオアリモとオオマツモですが、そろそろカスミも見つけたいところです。

ザ・カスミとキホシカスミ。

特にキホシカスミは時期的に絶対にゲットしたいです。


結果は撃沈
(笑)

今日はね。

近いウチ見つけた報告いたします。
^-^



P4100096.jpg

ヒロが藻に絡まっていました。
^^

いいですね。
これ。

毎年そうですが、草原に絡まるシリーズなんて呼んで楽しんでいます。
^-^


多いのはヒロ、サキシマミノ、コノハミドリガイですが、時々「おおお」という大物もいます。

そういうのに出会うためには、毎日のようにビーチの砂地を這わないとダメです。



そしてそろそろ貝持ちクンたちの季節

マメウラシマが出て欲しいところです。

去年からコメツブの数が減ってきたのが気がかりなところですが、今年も

ツムガタコメツブ
ゴルドンコメツブ

あたりを出したいです。





DIVING SHOPウミウシハンターズ










水の中で水の中のようだ・・・・・ウミウシならウミウシハンターズへ

よく分からないタイトルですが、

水の中で水の中
ってナニ???

ダイバーは潜るからすでに水の中なんですがね。



この写真を見れば分かるかな???



P4080339.jpg

水の中で撮ったブドウガイですが、水の中にいるような下地です。
^-^

この琉球グラスはホントにいいです。

とっても気に入っています。
^-^


で、今日はブドウガイ2個

1個目はロストしちまいやがって・・・・・あっ、ボクが自分で
(笑)

2個目はちゃんと撮って頂きました。


あぁぁぁ、良かった。

^o^



週末からずっと忙しくてお疲れモードですが、お陰様で充実しています。
^^v





DIVING SHOPウミウシハンターズ










初日・・・・・ウミウシならウミウシハンターズへ

初日が無事終了。

思ってたよりも金曜日だというのに人が多かったです。

え??

大相撲の話じゃないですよ。
(笑)

マリンダイビングフェア
^o^;


多くのウミウシ好きさんともお会い出来ました。

金曜日でアレです。

土日はどうなるんだろう・・・・・


でも、皆さんにお会い出来ると思うとワクワクします。




FB_IMG_1712357302291.jpg

ウミウシフィギュアの売れ行きも好調

プラスして、ウミウシの生体展示が想像以上に大好評でした。
^-^

同業者さまも見に来られたりして。
(笑)



LINE登録者さまも大幅増です。

初日にして。

これはフィギュア販売のグビちゃんたちご夫婦のおかげですね。
^^



土日も宜しくお願いしまーーーす。






DIVING SHOPウミウシハンターズ










黄金のコミドリ・・・・・ウミウシならウミウシハンターズへ

久しぶりの久しぶりに見ました。

黄金のコミドリ

^-^

え??

コミドリですよ。

黄金ってだけです。
(笑)




P4030020.jpg

黄金色のコミドリなんです。

あまりいません。

これがもっと茶色いとウンコ色のコミドリですが、あれも久しく見てないなぁー。

うんこ色のコミドリは大抵の場合は大きいので、もしかするとこの黄金コミドリが大きくなっただけかも、なんて想像して幾星霜・・・・・
(笑)

幸せの黄色いコミドリなんてのもいて、これもウンコ色ほどではないけど、中サイズで黄金と同じくらいです。



うんこうんこうるさいですよね。
^o^

今度ウンコ色を見つけたらご報告します。


が、見つかるところがコケムシ内じゃないんですよー・・・・・


海藻の裏や岩の裏とかなんです。
旧タンブヤ・カヴァ、現マルタドーリスの仲間のオレンジのあれと同じ見つかり方です。



えっと、黄金のコミドリの話でした。
うんこに引っ張られました。



ちなみに、子どもは「うんこ」で1時間は笑える優しい生き物です。
^-^





DIVING SHOPウミウシハンターズ










久しぶりのコヤナギです・・・・・ウミウシならウミウシハンターズへ

2年ぶりに城ヶ島でコヤナギを見つけました。

タマガワコヤナギの方かも知れませんが、このタイプは常に曖昧です。
^-^;


去年も見ていますが宮川湾でしたので、城ケ島では久しぶりということになります。

種としてはそれほどレアではないですが、城ケ島水域ではジュズツナギコケムシがあまり成長しないので、目撃例は多くないのが現状。



P4020123.jpg

小さい個体です。

ホストをもうすぐ食い尽くしそうな状況でしたので、まだいれば移動させようかと思いますが、この種は喰うのがとても早いので、どちらにしてもそう長くはもちません。

^^;

それにしても触角間の突起は何なのだろう・・・・・

何かしらの感覚器だとは想像しますが。




春濁りが始まりました。
水中は鼻水のような浮遊物が漂っています。
(笑)

これも自然。





DIVING SHOPウミウシハンターズ










神奈川県三浦半島の城ケ島と宮川湾でウミウシ探しを専門とするダイビングショップです

umiushihunters

Author:umiushihunters
神奈川県の三浦半島先端にあります城ケ島と宮川湾にて日々ウミウシ探しに邁進するダイビングショップのブログです。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
こちらに注目!!
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR