ラケモサがモサモサじゃなくて・・・・・ウミウシならウミウシハンターズへ

ドト・ラケモサが珍しくホストのフトガヤから離れてくつろいでました。

貝殻の上に乗ってウネウネにも負けず鎮座。

貫禄あるし何だかカワイイし、何より写真が撮りやすかったです。



P7060069.jpg

大抵はフトガヤの根元でうずくまってるので、このように全体が撮れることは少ないです。

でも・・・・・
なんだか背中が寂しいなぁー

*_*

背側突起がかなり脱落してます。

ドト属の子らは、ボクが知る限り背側突起が脱落しやすいです。
すぐに取れます。

刺激が強いと全部取れちゃいます。


取り扱いは慎重に・・・・・核物質を扱うかのように優しくそーーっと丁寧に。
(笑)


腹足を含め体色と触角が黒いのがドトの特徴です。
昨日アゲました個体は白いです。

この違いはとても大きいと思うので、昨日の子はラケモサではないと思います。
混生していても、それが即ち同種とは言えません。

近い種とは言えると思います。

やはり亜種ですね。
SPでいいでしょうー。




DIVING SHOPウミウシハンターズ










神奈川県三浦半島の城ケ島・宮川湾でウミウシ探しを専門とするダイビングショップです

umiushihunters

Author:umiushihunters
神奈川県の三浦半島先端にあります城ケ島と宮川湾にて日々ウミウシ探しに邁進するダイビングショップのブログです。

こちらに注目!!
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR