ひと時の減少・・・・・ウミウシならウミウシハンターズへ

ウミウシがシーズンの変わり目を迎えましたね。

ここ数日、いや1週間くらいで様子が変わってきました。

春から見かけることが多かった種などを見る機会が
ぐーーんと減っています。

これは単純に「死んでいなくなる」と考えていいと思います。



まぁ、毎年のことなので。



城ケ島岩骨の水底をひたすらガン見しても、
(こういう場所、こういう時期は水底はペシペシしない)
いないわいないわ・・・・・

イナバミノとジョオウミノのみ見つけましたかね。

副産物の真っ赤なドロノミや色の付いたワレカラなどもオモシロイですが。




P7090123.jpg

ジョオウミノ

トゲトゲした背側突起が特徴です。

以前はスッキリと細いそれをもつ種もジョオウにしてましたが、
中野先生の図鑑「日ウ」でスベスベジョオウが提唱され分けられました。

このあたりのホリミノ科の子たちはホストや着き方が似ているので、
いるなら探し出すのは簡単です。

が・・・・・

今の時期みたいに全体的にいないなら無理です。


という当たり前の話でした (笑)


ほんの少しすればその季節のモノが出ます。
待ちましょう!!




DIVING SHOPウミウシハンターズ










神奈川県三浦半島の城ケ島・宮川湾でウミウシ探しを専門とするダイビングショップです

umiushihunters

Author:umiushihunters
神奈川県の三浦半島先端にあります城ケ島と宮川湾にて日々ウミウシ探しに邁進するダイビングショップのブログです。

こちらに注目!!
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR