へいぶ根のシロサメハダが不思議・・・・・ウミウシならウミウシハンターズへ

城ケ島のへいぶ根のとある場所に、
もう半年はそこにいるシロサメハダがいる。

生きているのは確かですよ (笑)
動きまわった形跡は何度も確認しています。


今日久しぶりに確認してみたら、なんだかエサ(カイメン)に埋まってしまってるように見えました。


P8230021.jpg

シロサメハダの体表は多くの小突起で覆われていることを以前このブログで書きましたが、
この写真をよく見ると、カイメンの繊維と似たような層の下に小突起の体表が見えます。

なにこれ??

小突起の体表の上に新たな皮膚(外套膜)でも組成されたのでしょうか??

それとも、あまりにも長くそこにいるので、カイメンに取り込まれたのでしょうか??

んなワケないと思うんですが、そうとも考えられるのも確か・・・・・


一体何なんでしょうー??


これを解明するには彼を剥がさないといけない・・・・・
やってみるかー




DIVING SHOPウミウシハンターズ










神奈川県三浦半島の城ケ島・宮川湾でウミウシ探しを専門とするダイビングショップです

umiushihunters

Author:umiushihunters
神奈川県の三浦半島先端にあります城ケ島と宮川湾にて日々ウミウシ探しに邁進するダイビングショップのブログです。

こちらに注目!!
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR