ヒドロを喰らうクマドリミノのサイズの話・・・・・ウミウシならウミウシハンターズへ

極小って2-3ミリのレベルですね。

よほどの個体でないと1ミリはそうはいない。。。

ミノウミウシの類だと尚更です。


昨日、既に空き家となっているヤギ(ハナヤギ??)に固着するヒドロに着いていたクマドリミノ。


写真


P9150136.jpg

これは3ミリです。

ミノウミウシで3ミリというのは相当小さくて、これ以下となるとなかなか常人では見つけられません。
というか、見えないと思います。

よく、「1ミリのなんとかーー」という方もいますが、いやいや、経験的にナカナカないですよ。
小さく丸まってる場合にも1ミリに見えることがありますが、動き始めると2ミリ3ミリなんてのがザラです。

ちなみに、この写真の個体を実際に見た場合、「あれ1ミリですよねー」という方がほとんどでしょう。
確かに見たまんまだと1ミリです。
しかし丸まってることを考慮に入れると3ミリなんです。

ボクはグローブの縫い目のアレコレをスケールにして利用しています。


とまぁ、サイズの話でした。


写真の個体はヒドロに喰らいついてました。
写真を撮り始めた途端、口を離し食べるのをやめました。

極小クマドリは成体とやや違って色が淡くて綺麗です。
成体のようなゲジゲジ感ムカデ感がありません。





DIVING SHOPウミウシハンターズ










神奈川県三浦半島の城ケ島・宮川湾でウミウシ探しを専門とするダイビングショップです

umiushihunters

Author:umiushihunters
神奈川県の三浦半島先端にあります城ケ島と宮川湾にて日々ウミウシ探しに邁進するダイビングショップのブログです。

こちらに注目!!
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR