これぞリュウグウだそうで・・・・・ウミウシならウミウシハンターズへ

リュウグウウミウシといえば、
南方で見る黒っぽくて黄色のラインが縦に入るあの種を思い浮かべますね!!

触角と二次鰓が銀白色のやつです。


無知だったためそれがスタンダードだと思っていました。


が、下の写真の個体が原記載に近い個体なんですと。
(相模湾産後鰓類図譜より)



これです。
城ケ島岩骨



PC050020.jpg

色柄が南方で見慣れたそれとまるで違います。

体地色はエサやちょっとした環境で変わる性質のモノではあるので、
それが黒なのか緑なのかは議論の余地はありますが、
それが異種という決定的な要因とはなりません。

また幼体と成体での色の違いなども大いにあり得ます。

写真の個体は2-3mm


通常、リュウグウウミウシはやや小さめとはいえ、ボクがこれまで見た中の最小でも10mmはありました。

ですので、写真の個体が大きくなると黒くなるのかどうか、それは分かりません。


それと、触角と二次鰓の色がまるで違います。
これら感覚器やガス交換器というのは、こういった単純小動物にとっては重要な器官でして、
その色、形態、大きさなどの特徴は、同種間においてある程度の同一化がある筈です。
(歯舌も分類上重要ですが)



これは是非是非定点観測していきたいのですが、相手は自然生物ですので、
環境はボクが出来る限り整えても、そこに居る居ないの決定権は彼にあります。

うねりや嵐などの影響をなるべく受けない場所への移設も考えなくてはいけないかも知れません。



願わくば、ウミウシハンターズ以外のお客様によってロストがないように・・・・・




DIVING SHOPウミウシハンターズ










神奈川県三浦半島の城ケ島・宮川湾でウミウシ探しを専門とするダイビングショップです

umiushihunters

Author:umiushihunters
神奈川県の三浦半島先端にあります城ケ島と宮川湾にて日々ウミウシ探しに邁進するダイビングショップのブログです。

こちらに注目!!
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR