コミドリリュウグウの亜種か隠蔽種・・・・・ウミウシならウミウシハンターズへ

現段階ではコミドリリュウグウとされていますが、今後研究が進むと別種とされそうな種があります。

まず写真ですかね。



P1040019.jpg

パッと見はコミドリリュウグウとしてしまう風体ですが、異にする箇所がありまして、

①  発見場所がフサコケムシのあるところではない
②  体の背面周縁に白い小突起と斑紋が並ぶ

個体によっては背面の縦皺がより鮮明で、且つ線となって明瞭化するモノもいます。
これについても発見したらアップしましょう。

過去画像を探すのが面倒です。
(笑)
あっ、世界のウミウシをご覧ください。^o^


触角、二次鰓、尾部、これらの先端が紫色になるのは共通しています。
ここも重要。


つまり、ウミウシとして重要な器官の形状や色彩パターンが同一なのは同定のカギでして、
しかしながら、小突起や明瞭な差異となる線の存在など、こういった質も無視できないと考えると、
亜種ないしは隠蔽種の可能性が大なのかなーーと。

それともうひとつ、このタイプの種をフサコケムシから発見したことがないという点。
特に色合いが茶色、黄土色である場合は間違いなくそうです。


ただ、小突起や明瞭な線のある個体でも緑色系の種は、フサコケムシから見つかる場合が多いです。

となるとエサの違い??

でもその場合、かなり違うモノをエサとしているとしか考えられないくらい、発見場所が違うんですよねー。

歯舌は明らかに違う筈です。


ただし、上記したことは他の水域ではまた違う事実かも知れません。
城ケ島水域での生態のみで羅列していることを但し書きします。





DIVING SHOPウミウシハンターズ










神奈川県三浦半島の城ケ島と宮川湾でウミウシ探しを専門とするダイビングショップです

umiushihunters

Author:umiushihunters
神奈川県の三浦半島先端にあります城ケ島と宮川湾にて日々ウミウシ探しに邁進するダイビングショップのブログです。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
こちらに注目!!
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR