吸って吸って・・・・・ウミウシならウミウシハンターズへ

キイボキヌハダというウミウシイーターがいます。

彼らはドーリスの類いが好きで、大きいキイボキヌハダだと丸飲みしてしまうのですが、その様は何だかイロウミウシが気の毒に思えるほど。

ですが、彼らにも小さい頃が当然ですがあって、相手の方がはるかに大きいなんてこともあるんですよね。

その場合はどうするのか!!!

こんな感じです。



P1160025.jpg

ニシキウミウシは大型のウミウシですね。

ニシキが相手だとキイボがいくら大きめでも丸飲みは無理です。

この写真はキイボキヌハダがまだ5mm程度です。

お相手のニシキは立派なサイズ。
80mmはあろうかと。

こういう時は喰らいついて体液の養分を吸っているんです。

小さいキイボキヌハダがはるかに大きいニシキに吸い付いているので、何日も何日もこの状態が繰り返されます。


5日くらい後で見たとき(かなり移動してましたが、多分同じ個体)、ヘロヘロになったニシキだけがそこにいました。
かろうじて生きていた感じ。

あの時、キイボキヌハダはどこへ行ったのでしょう・・・・・



ウミウシの世界にも「食」がある話でした。







DIVING SHOPウミウシハンターズ










神奈川県三浦半島の城ケ島と宮川湾でウミウシ探しを専門とするダイビングショップです

umiushihunters

Author:umiushihunters
神奈川県の三浦半島先端にあります城ケ島と宮川湾にて日々ウミウシ探しに邁進するダイビングショップのブログです。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
こちらに注目!!
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR