ムラサキウミコチョウの交接??・・・・・ウミウシならウミウシハンターズへ

交接なのか自信はありませんが、2個体がこの体勢でいれば交接と思います。

写真


P9100005.jpg

頭部寄りの側足の下部、腹足に近い箇所に交接器が隠れていたような・・・・・。

そこから突起が出て交接するんですが、頭部のすぐ側面右にある交接器が
相手の頭部のすぐ側面右に対して接続してるとは限らないんですよねー。

これはなんでだろう・・・・・

いびつな交接をするのだろうか。
相手にブっ刺すという一方的な交接が成り立つのだろうか。

はたまた、オス部位とメス部位が違う位置にあるとか。



写真から推察すると、
小さい方の個体の頭部のすぐ側面右側から交接器が飛び出て、大きい方のどこかに入ってるんだと思います。

2個体の間に少しだけ隙間があって、そこに何かが接続しているのが見えます。

これがお互いの交接器による接続だとすると位置がおかしいので、
各々2つずつ持ち、片方は一方的にブっ刺しているとしか思えません。


分からないことだらけなので、もし次回ウミコチョウの交接を見かけたら、
邪魔しない程度に具体的に撮ろうと思います。

各々に2個ずつ写りそうだ。





DIVING SHOPウミウシハンターズ










ミチヨミノにやっと会えた・・・・・ウミウシならウミウシハンターズへ

今年初じゃないかなーーと思うんですが、ミチヨミノにかなりの期間会ってないような。

初夏から頭の中にずっと「ミチヨミチヨ・・・」って探してきたんですが、
いるのはマツカサの類ばかり。

昨日ちょっと違うエリアに気まぐれで行ってみたら、

いるわいるわ!!
おるやないかーーい!!

ってか、先日チョロっとアソコ行ったけどなー。
やはりボクの目は節穴です。
(笑)



P9100024.jpg

凄い綺麗なんですよねー
よく見てもよく見なくても綺麗にしか見えない。

でもこれ、超普通種なんですよね。

出るときはサキシマミノみたいにいっぱいいるんですよねー

その辺りが雑に扱われる原因??


伊豆のけいうさんの奥さんに敬意を表して、ボクはちゃんと綺麗に撮りますよー。

^o^v




DIVING SHOPウミウシハンターズ










平らなウミウシ・・・・・ウミウシならウミウシハンターズへ

ヒララメリというペッタンコなウミウシがいるんですが、

たまにその辺を歩いている個体に出会うものです。

そういう時のヒララメリウミウシは、全然平べったくないんですよねー


P8240083.jpg

このウミウシ、他の地域にもきっといるんでしょうが、全然アゲている人を見ないんです。

何でしょう・・・・・存在が知られていない??

そういうこと??

たぶんですが、そんなに珍しいウミウシではないように思います。

珍種ではありますがね。
珍品という意味での珍種。
(笑)

これがホストのコケムシに着いてる時はペッタンコです。

超擬態しています。
^o^

ところが写真のように移動中だと、ぜんぜん体高があるという・・・・・

ウミウシは所詮軟体動物ですね。





DIVING SHOPウミウシハンターズ










また今年も出た。トレニアウミウシ・・・・・ウミウシならウミウシハンターズへ

去年の今でした。
トレニアウミウシの極小個体が城ケ島水域で出たのは。

今年もまた出ました。

時期も同じ。

個体としてはやや大きめでしたがね。

こんな南方種が2年続けて出るなんて・・・・・
またまた船で連れてこられたようですよ。



P9050026.jpg

トレニアウミウシなんですが、
Goniodoridella sp. です。
今のところ。

でも、どう見てもイバラ属、Okeniaですよね。

触角の後ろ側にヒダがありまして、これはイバラ属に多く共通する形状です。


sp.ですし、どこにも論文がなく絵合わせで分類していると思うので、
近年、コトヒメ属の仲間だった、現イバラ属の仲間(例のアレ)同様、
将来は属を移動するのではないかと思います。


あ、被覆性のコケムシに着いてるのでコケムシ食のようですよ。


コトヒメ属ならカイメンだと認識しています。





DIVING SHOPウミウシハンターズ










土曜日は宮川湾で潜れるという・・・・・ウミウシならウミウシハンターズへ

いや、不思議。

台風10号で今週末は無理だと思っていたのですが、宮川湾OKという知らせ。

正直びっくりしました。

東伊豆の一部のみ可能だと思いましたが、我が城ケ島水域でも宮川湾はオープン。

とても有り難いです。

明日もいけるんじゃないのか???



しかーーし!!

ウネリは半端ないと思っています。
ウミウシは期待出来そうにありません。

が、何とか見せられるモノが出るといいな。

アソコはほぼ100%ペシペシで出すウミウシ探しとなります。

が、ウネリや流れの時は奥深くに隠れるんですよねー



P9030003.jpg

この子、まだいるかな・・・・・

いてくれると信じて
^^;

ツノヒダミノは他の場所だとほとんど出ないのですが、
何故か城ケ島水域ではやや稀種ですが通年で出ます。


エッグイーター

アソコにまだいるなら一番目にご紹介です。




DIVING SHOPウミウシハンターズ










神奈川県三浦半島の城ケ島・宮川湾でウミウシ探しを専門とするダイビングショップです

umiushihunters

Author:umiushihunters
神奈川県の三浦半島先端にあります城ケ島と宮川湾にて日々ウミウシ探しに邁進するダイビングショップのブログです。

こちらに注目!!
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR